1. トップページ
  2.   >
  3. 自分の歯を白くしたい

白い歯で笑顔の魅力をさらにUP~審美歯科・ホワイトニング~

「歯を白くしたい」「銀歯が気になる」こんなご希望やお悩みに対して、見た目に重点をおいた処置を行えるのが審美歯科やホワイトニングです。

審美歯科では、ただ形を整えて色を白くするだけではなく、咬み合わせや歯の機能面などにも配慮した治療が行えます。また、保険が適用される詰め物・被せ物の素材には金属が使用されますが、審美歯科で使用する素材には金属を使わないものが多くありますので、金属アレルギーの心配もありません。

当院の審美歯科治療について

オールセラミック

100%セラミックの素材です。強度が非常に高く、色も周囲の歯の色と合わせて調整できるため、自然な美しさが実現します。金属を使わないため天然歯のような透明感があり、金属アレルギーの心配もありません。詰め物としても、被せ物としても使用できます。

ハイブリッドセラミック

セラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜた素材です。オールセラミックは強度が非常に高いため、咬み合う歯を傷つけてしまうことがありまが、ハイブリッドセラミックはセラミックの色調や美しさはほぼそのままに、硬すぎるという欠点を改善しています。詰め物・被せ物として使用でき、特に奥歯の使用に適しています。

メタルボンド

金属の周りにセラミックを貼りつけた被せ物です。内側に金属を使用しているためオールセラミックよりも強度があり、強度が必要な奥歯などの治療に適しています。表面はセラミックなので自然な色合いで見た目にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や、金属アレルギーなどに注意する必要があります。

ラミネートベニア

歯の表面を0.5mmほど削り、つけ爪のように薄いセラミックを貼りつける方法です。歯の隙間が気になる前歯などに使用します。形・色ともに自然な美しさを実現できる治療です。

ファイバーコア

人工の土台(コア)で歯を補強する必要がある際に用いられるグラスファイバー製の芯です。保険が適用される金属製の土台よりも弾性があり、歯の根に負担がかかりません。また、セラミックなどの被せ物を使用した場合も、透明感が損なわれないため前歯の土台に適しています。金属アレルギーの心配もありません。

ホワイトニングで歯を白く

人の歯は歳を重ねたり食品の色素が沈着したりすることで、次第に黄ばんでいきます。そしてこのような黄ばみは普段のブラッシングやクリーニングだけでは落とすことができません。そこで有効なのがホワイトニングです。

ホワイトニングは、歯そのものを内側から白くする方法です。歯の表面に付着した色素を除去するのではなく、歯の中にある色素を分解し、歯の明るさを上げていきます。歯の表面を傷つけることがありませんので、ご自身の健康な歯はそのままに、白い輝きを再現することができるのです。

ホワイトニングには、ご自宅でじっくり取り組める「ホームホワイトニング」と、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」があります。

ホームホワイトニング

ご自宅で好きな時間にできるのがホームホワイトニングです。一人ひとりのお口に合わせてつくったマウスピースに薬剤を塗布して歯に装着し、薬剤をじっくり歯に浸透させていきます。就寝時などに毎日数時間装着することで、2週間ほどで効果があらわれはじめ、白さが長持ちするきれいな歯が手に入ります。歯科医院に通う回数が少なくてすむため、忙しい方などにおすすめです。

ホームホワイトニングの注意点

  • 毎日一定時間薬剤を浸透させる必要があります。継続するための根気が必要です。
  • 詰め物・被せ物などの人工物の色は変わりません。
  • 白くする度合いのコントロールが難しい場合があります。
  • ホワイトニング実行前にきちんとブラッシングする必要があります。
  • 装着中の飲食・喫煙はできません。
  • 薬剤には刺激の少ないものが使用されますが、医師による適切な管理が必要です。
  • 異常を感じたら、すぐに医師に相談してください。
オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。薬剤を塗布した歯にレーザーを照射して歯を白くします。1回の治療時間は40~60分程度で、短期間で白い歯が手に入りますが、色の後戻りも早いといわれています(通院を繰り返すことで白さの維持は可能です)。結婚式や大事な面接が控えている場合など、できるだけ早く歯を白くしたい方におすすめです。

オフィスホワイトニングの注意点

  • 薬剤がしみることがあります。
  • 施術から約1日は色の濃い飲食物・刺激の強い食品の摂取は控える必要があります。
  • 特殊な機械を使用するため、比較的費用が高くなります。
  • 処置後に歯がしみることがありますが、数日経ってもおさまらない場合は、医師に相談してください。